はじめまして、編集長の島田です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
富山ドローンウォーカー編集長。DRONE WALKER初の、女性編集長です。アラフォーの子持ち、ドローンからは1番遠い世界にいたはずが、なぜかどっぷりドローンにハマってしまう。最近は夢にもドローンが出てきます。

はじめまして。富山DRONE WALKER編集長の島田愛巳です。
DRONE WALKER初の、女性編集長となりました。そして、アラフォー。子持ち。
一見、ドローンからは1番遠い世界にいます。
そんな私にも、ドローンとの出会いがありました。

「これ、なんちゅー、おもしいが‼︎
(訳:これは、なんておもしろいの!)
かわいいー!UFOみたい‼︎
鳥になったみたい!」

ドローンとの出会いは、一瞬にしてハートをズバ抜かれました。
電車より飛行機派。
動物占いでは、ペガサス。
空への憧れは人一倍!!…なはず。

【簡単かも?!という入口から
「堕ちますよ」というドローンスクールSORA.blue北陸富山
講師 戸出さんとの出会い】

ドローンを飛ばすには??
ネットで調べていくと、ドローンスクールなるものを見つけます。
「5日間でライセンス取得」
なるほど!そんなに難しくもないのかも。

そんな時に、SORA.blue北陸富山のモニタースクールがあることを知ります。

「地球上に、重力がある限り、
飛んでいるものは堕ちますよ。
堕ちる可能性がありますよ。」

そりゃ、そうだ!!

講師の戸出さんの一言で気が引き締まりました。

ドローンパイロットのみなさんへ富山より愛を込めて、「安全第一!!」

アラフォー、子持ち、主婦。
ドローンから1番遠い世界からやってきた私が、1番最初にお届けしたいこと。

安全管理は、大丈夫ですか?

みなさんのお母さんのように、
口うるさく言いますよ。

あなたの身を守るのは、安全第一。
加害者になるのも、被害者になるのも、
どちらも安全管理不足。
リスク管理不足と言えます。

「地球上に重力がある限り、
墜落する可能性はある」

GPSといえども、100パーセントではない。

初心に立ち返って、再度、
確認をお願いしますね。

みなさん自身の身を守るために。

この記事を書いている人 - WRITER -
富山ドローンウォーカー編集長。DRONE WALKER初の、女性編集長です。アラフォーの子持ち、ドローンからは1番遠い世界にいたはずが、なぜかどっぷりドローンにハマってしまう。最近は夢にもドローンが出てきます。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 富山DRONE WALKER , 2017 All Rights Reserved.